ブログ

都会の真ん中で高知のご馳走を | わらやき屋新宿

2018.03.28
こんにちは、わらやき屋新宿PR担当です。

当店では、高知の豊かな自然の賜物である食材にこだわるだけでなく、その食材の良さを最大限生かす調理方法にまで最新の注意を払い、食材の組み合わせや調理法、温度など、計算し尽くして、皆さまにご提供しております。
高知で食べていただくような、本格的な郷土料理を、東京の真ん中でもお楽しみいただきたいからこそのこだわりです。
ぜひ、お召し上がりいただきたい高知名物をご紹介します。

 

土佐ジローの卵かけご飯




卵かけご飯に使う卵は、サンサンとふり注ぐ高知の太陽の元、1羽あたり5平方メートル以上の豊かな自然の中で放し飼い生まれた卵を使っています。40g程度の小さな卵ですが、豊かな味わいと、ぷっくらとした黄身の盛り上がりが特徴。卵の味わいをしっかりと味わっていただくために、醤油ではなく、お塩でお召し上がりいただくことをオススメしているんですよ。(450円)

 

かつおの藁焼き塩たたき




藁焼きに使う藁は、なんと農家から直接仕入れているんです。一本一本が長い藁は、農家が手刈りしたもので、風味蓋かな藁焼きにするためにはこの藁が必要なんです。火加減と焼き時間も、職人の熟練の技の賜物。分厚めにカットして、室戸の塩、山葵、玉ねぎ、ミョウガ、ニンニクをたっぷりとのせて豪快にお召し上がりください。

 

いかがでしたか?
ぜひ、高知のご馳走をお楽しみください。

 

当店は、JR 新宿駅 徒歩1分、

地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分の所で皆様のお越しをお待ちしております。

わらき屋の土佐郷土料理はお酒との相性抜群でどれも絶品。

中でも、『かつをの藁焼き』と『土佐はちきん地鶏』は自慢の逸品です。

『藁焼き』は1メートル以上もの炎を上げ、一気に高温で焼き上げるので

旨味が凝縮、また表面にはわらの香ばしい香りが付き、素材の旨味を味わえます。

土佐の地酒との相性もぴったりです!

『土佐はちきん地鶏』のむね肉は塩麹に丸一日漬けこみ、焼きあげます。

塩麹のミルキーな香りと柔らかな肉質が美味。

その他にもおすすめのお料理は多数!ぜひ一度お越しください!

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2441

以上、わらやき屋新宿店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 新宿のご案内 | 新宿 個室居酒屋

店名
わらやき屋 新宿
住所
東京都新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル8F
電話番号
050-7300-2441
営業時間
【月~木・土】
17:00~23:30(L.O.22:30)

【金・祝前】
17:00~翌4:00(L.O.3:00)

【日・祝】
17:00~22:00(L.O.21:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
不定休
アクセス
JR 新宿駅 徒歩1分
地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分

新宿 個室居酒屋 > ブログ > 都会の真ん中で高知のご馳走を | わらやき屋新宿