ブログ

ブログ

いくつご存じでしょうか?土佐ならではの食材をご紹介! | わらやき屋新宿

2020.09.30
いくつご存じでしょうか?土佐ならではの食材をご紹介! | わらやき屋新宿
こんにちは、わらやき屋新宿PR担当です。

日本は南北に長い島国のため、土地によって気候がさまざまですよね。そのため、ご当地のおいしいものが楽しめるのが嬉しいところ。高知にも高知ならではの食材がたくさんあります。

ご当地ならではの呼び名があるもの、高知でのみ栽培されている野菜、高知原産の食材など、今回は「土佐ならではの食材」をご紹介します。いくつご存じでしょうか?

 

高知でも珍しい食材「四方竹」




「四方竹(しほうちく)」という食材をご存じでしょうか。「竹」という文字が使われていることからもお分かりいただけるように、四方竹は竹の子です。高知の山間部が産地で、高知では秋には店頭で取り扱うスーパーも増えてきます。

竹の子といえば春に旬を迎えるのが一般的ですが、四方竹は秋に旬を迎えるところも珍しいポイント。当店では「四方竹のゆず味噌焼き」をご用意しています。シャキシャキした食感をどうぞお楽しみください。

参照:土佐山マルシェ

 

大切に育てられるからこそのおいしさ「四万十ポーク」




「四万十ポーク」はこだわりの餌と長い飼育期間で、大切に育てられている豚肉です。きめ細やかな肉質と優しい脂の甘みが特長です。

四万十ポークのおいしさを存分にお楽しみいただくために、「四万十ポークの角煮」をご用意しました。甘辛いタレが豚肉に絡んで抜群においしい逸品に仕上がっています。ビールや日本酒、焼酎などお酒の種類を問わずによく合うのもおすすめポイントです。

参照:47CLUB

ほかにもどろめや香南にら、ミレービスケットなど、土佐ならではのおいしいものをたくさんご用意しています。高知への旅行気分でどうぞお楽しみください。

 

当店は、JR新宿駅より徒歩1分、地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分の立地にございます。

わらき屋の土佐郷土料理はお酒との相性抜群でどれも絶品。
なかでも、『かつをの藁焼き』と『土佐はちきん地鶏』は自慢の逸品です。

『藁焼き』は1メートル以上もの炎を上げ、一気に高温で焼き上げるので旨味が凝縮、また表面にはわらの香ばしい香りが付き、素材の旨味を味わえます。

土佐の地酒との相性もぴったりです!

『土佐はちきん地鶏』のむね肉は塩麹に丸一日漬けこみ、焼きあげます。
塩麹の優しい味わいと柔らかな肉質をお楽しみください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

※ご来店の際はお電話かホームページで営業日をご確認の上、ご来店いただけます様よろしくお願い申し上げます。

 

電話番号:050-7300-2441
オンライン予約はこちら

以上、わらやき屋新宿店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

わらやき屋 新宿のご案内 | 新宿 個室居酒屋

店名
わらやき屋 新宿
住所
東京都新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル8F
電話番号
050-5269-9219
営業時間
◆ランチ
全日 11:30~14:00

◆ディナー
全日 17:00~22:00

※新型コロナウィルスの感染拡大防止等の観点から、状況により営業日及び営業時間を変更する場合がございます。
詳細は店舗までお問合せ下さい。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
定休日
不定休
アクセス
JR 新宿駅 徒歩1分
地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分

【公式】わらやき屋 新宿|新宿のおすすめ個室居酒屋 > ブログ > いくつご存じでしょうか?土佐ならではの食材をご紹介! | わらやき屋新宿