ブログ

二つの海鮮珍味を味わって、土佐の風土を疑似体験する喜び!| わらやき屋新宿

2019.01.30
こんにちは、わらやき屋新宿PR担当です。

 

まもなく新しい年が明けて一か月が経とうとしています。今更ながらとどまることのない月日の早さを実感しますよね。そんな日常だからこそ、居酒屋で過ごす時間はひときわ輝いて見えるのかもしれません。今回は、土佐名物とも言える珍味の二品をご紹介します。

 

この大人の苦みがわかるのは、土佐の地酒しかない




まずは「どろめ」からご紹介しましょう。どろめとは、土佐地方の海鮮珍味の一つで、いわしの稚魚のことを言います。釜揚げしらすやちりめんじゃこになる前の生のどろめは、磯の香りの中に淡い苦みがきりっと際立ち、土佐の地酒と合わせれば、海と陸の風土の味をまるごといただけます。

 

海のギャングは栄養豊富で淡白な身を隠していた!




どろめの次は、「うつぼの藁焼き」でガラッと一転、豪快にいきましょう。荒々しい風貌から海のギャングとも呼ばれるウツボですが、実は豊富な栄養を誇り、昔から目に効く食材としても重宝されています。もちろん、ゼラチン質の皮にはコラーゲンも含まれ、食感も心地好い。藁焼きでまとった香ばしさが、刻みネギやみょうがとともにアクセントとなっていて、コクもある淡白な味わいをより引き立ててくれます。

地方によって異なる食べ方や風変わりな食材を知る―これも居酒屋巡りの醍醐味の一つですよね。土佐名物の珍味を知って、高知のことをより深く知っていく。まさに風土を疑似体験できる喜びです。

当店は、JR 新宿駅 徒歩1分、

地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分の所で皆様のお越しをお待ちしております。

わらき屋の土佐郷土料理はお酒との相性抜群でどれも絶品。

中でも、『かつをの藁焼き』と『土佐はちきん地鶏』は自慢の逸品です。

『藁焼き』は1メートル以上もの炎を上げ、一気に高温で焼き上げるので

旨味が凝縮、また表面にはわらの香ばしい香りが付き、素材の旨味を味わえます。

土佐の地酒との相性もぴったりです!

『土佐はちきん地鶏』のむね肉は塩麹に丸一日漬けこみ、焼きあげます。

塩麹のミルキーな香りと柔らかな肉質が美味。

その他にもおすすめのお料理は多数!ぜひ一度お越しください!

 

電話番号:050-7300-2441
ネット予約はこちら

以上、わらやき屋新宿店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※コースに関しましては、内容、構成が一部異なる場合がございます。詳細は、予約時にご確認ください。

わらやき屋 新宿のご案内 | 新宿 個室居酒屋

店名
わらやき屋 新宿
住所
東京都新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル8F
電話番号
050-7300-2441
営業時間
【月~木・土】
17:00~23:30(L.O.22:30)

【金・祝前】
17:00~翌4:00(L.O.3:00)

【日・祝】
17:00~22:00(L.O.21:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
不定休
アクセス
JR 新宿駅 徒歩1分
地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩1分

新宿 個室居酒屋 > ブログ > 二つの海鮮珍味を味わって、土佐の風土を疑似体験する喜び!| わらやき屋新宿